image

 

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「この春に大学生になった息子は、コミュニケーション能力がないようです。相談できる友達もいないし、学校も欠席しがち。このままではニートに……。どうしたらいいのでしょうか?」(赤いイナズマさん・52・会社員・宮城県)

 

【A】「鈴木奈々さんより競艇を選んだオレは大人失格」(蛭子能収)

 

放っておけばいいんです。本人がなんとかしますよ。そもそもオレにコミュニケーション能力について聞きますかね。違う人に相談したほうがいいですよ。

 

オレは芸能界にも親しい人がいません。TBSの特番『オールスター感謝祭』の休憩時間に、料理がふるまわれて出演者が楽しそうに会話しながら食べますけど、オレはいつも1人。黙々と食べている姿がテレビで流されるのは嫌ですが、オレと会話してもつまらないですから。

 

ちょっと前ですが、タレントの鈴木奈々さんから「平和島でロケが終わったんです」と電話があったことがありました。オレも偶然、平和島競艇場にいましたから「じゃあ、一緒にお茶でも……」と誘えばよかったんですが、競艇に集中したかったんです。それ以来、彼女から連絡がありません。今度『オールスター感謝祭』の収録がありますが、もしあのとき大人の対応をしてお茶でも飲んでいたら、休憩時間に鈴木奈々さんと話すこともできたかもしれませんね。まあ、どうでもいいですけど。

 

【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】


image

建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた“きれいごと、ゼロ”の単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)好評発売中です。

詳しくは特設ページを。http://goo.gl/0A4DjB