image

 

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「私はとても飽きっぽくて、すぐ始めたことに飽きてしまいます。ダイエットをしてもすぐに挫折。家計簿をつけようと思っても三日坊主。ど〜したら、長続きするのでしょうか?」(みきさん・47・パート・千葉県)

 

【A】「長続きしないのは、楽しいことではない証し。続けなくてよし」(蛭子能収)

 

家計簿やダイエットなんてつまらないもの。長続きできなくてもいいですよ。面白くないから飽きているだけで、楽しいことだったら、きっと長く続けられますよ。

 

オレは、兄貴がハマっていたパチンコがどうしてもやりたくて、小学校低学年のときからパチンコ台を作っていました。初期のころは、設計図もないままノコギリでベニヤ板を切って作ったスマートボールのようなもの。でも、台の上に並んだビー玉が、ボタンひとつで一斉に落ちる仕組みになっていました。

 

高校時代には、タテ型のパチンコ台を作っていました。さすがに球をはじくバネは作れず、輪ゴムをひっかけてはじくタイプ。ポーンと打つと、上からとんとんと下りてきて、穴に入ったら5個くらい球が下から出てくるような本格的なモノ。パチンコがやりたかったので何台も作りました。

 

だから、高校の卒業式の当日に、初めてパチンコ店に行ったときはすごくうれしかったですね。パチンコをやり始めて60年以上たちますが、あの感動を忘れることはできません。

 

【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】


image

建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた“きれいごと、ゼロ”の単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)好評発売中です。

詳しくは特設ページを。http://goo.gl/0A4DjB