昨年秋、“世界一ゆるい70歳”となった蛭子能収(70)。大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)を刊行したばかりの蛭子が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「寝たきりになって、子どもたちに迷惑をかけたくありません。運動をしたり食生活に気を付けたりしています。この年になって、こんな心配をするなんて悲しくなりますよね」(サトのペリカさん・78・無職・東京都)

 

【A】「年を取ったら、深く考えずに子どもの世話になろう」(蛭子能収)

 

オレも、この先、足腰が立たなくなるのが心配です。だから、月に1回ぐらい、多摩川の土手を散歩していますが、同じコースを歩いても飽きてしまって、500メートルぐらいで止めてしまいます。これじゃ、だめですね。

 

でも、オレは世話する人のことまで不安に思ったことはありません。オレが動けなくなったら、息子たちが世話するかもしれませんが、子どもたちには自分の生活があるから、全部できるわけではありません。どうせ心配するんだったら、国がやっている介護のサービスのことを子どもが知っているかどうかだと思いますけどね。

 

寝たきりになって重荷になりたくない、という気持ちはわかりますけど、あまり考えないほうがいいと思いますよ。というか、迷惑かけるのは仕方ないこと。お願いしたいことは「やってちょうだい」と素直に言って、子どもたちにできないと言われても気にしない。なにかしてもらったら「ありがとう」と言っていれば、子どももそんなに煩わしいことだとは思わないんじゃないですかね。