その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(27)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【家電量販店の売場が狭い、怖〜い理由】

 

前回は、僕が関西に行ったとき、とあるビルの近くで体験した心霊現象を紹介しました。

 

そのビルでは、かつて火災で多くの人が亡くなっているという話をしましたが、やっぱりというかなんというか、ビルの中でも心霊現象が後を絶たないそうです。

 

実は、僕の先輩の芸人仲間に、そのビルに入っている家電量販店でバイトを始めた人がいて。でもすぐに「あそこはほんとにヤバい……」と辞めることを決意したといいます。なんでも、従業員用トイレに入ったとき、壁一面にびっしりお札は貼られているのを見てしまったんだとか。

 

しかも奇妙なことに、その人が配属された階の売場が、ほかの階より極端に狭かったらしいんですよ。それって、バックヤードが異様に広いってことなんですけど、つまりそこにめちゃくちゃ“出る”ってことなんですよね。

 

たしかに、お客さんが幽霊と鉢合わせるよりは、従業員が怖い思いをするほうがマシなのかも。でも、僕は絶対働きたくないな〜。

 

ここは数ある心霊スポットの中でも、かなりヤバいほう。思い当たった人は、ふざけ半分で近づかないことをおすすめします。何が起こってもしりませんよ……。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!