こどもの頃
カメラに憧れていました。
私が初めて自分専用のカメラを持ったのは小学校6年生くらいの時で
それは近所のディスカウントショップで買った安いフイルムカメラだったのですが
なんだか大人になったような気がして誇らしかったのを覚えています。

 

最近はスマホを使って簡単に写真が撮れるため
特別な時に一眼レフを使うくらいなもので
とても子供に使わせてあげられるようなカメラが家の中にありません。
まめが写真を撮りたがっても「大きくなってからね」と流していたので
ちょっとかわいそうなことをしてしまっていたな、と。

 

そういえば最近
あの懐かしいインスタントカメラで写真をとるのが流行っているし
使い方も簡単だからまめにもすぐ覚えられるだろうと
思いつきで持たせてみたところ
予想以上に食いついて
毎日熱心に写真を撮っています。

 

まめは何をみてどんなものに心を動かされているんだろう
ああ、現像する日が楽しみだとワクワク過ごしていた矢先の
悲劇でした