その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(27)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【初めて霊視できない相手に出会いました】

 

僕は、霊体の表情や雰囲気を霊視することで、人の性格や本心を見抜くことができます。でもこの間、初めて霊視ができない相手と出会っちゃったんです。その人は、僕の学生時代の同級生の職場の友達。ライブを見に来てくれたことで知り合いました。

 

少し話をしたときに「素敵なコだな」と興味がわいて。悪いとは思いつつ霊視してみたら、ぜんぜん霊体が見えなかったんですよ。また霊感がなくなっちゃったんじゃないかとすごく焦ったんですが、ほかの人の霊体はちゃんと見えるんですよね。

 

それで、そのコのことをよーく観察してみたら、なんと本体と霊体がぴったり重なってたんです。実は人って、本体と霊体に“ズレ”があるのがほとんどで。だから霊視しやすいんですけど、彼女の場合“ズレ”がないから、霊体がうまく見えなかったわけです。

 

それはつまり、表裏がまったくない性格ってこと。相手の“裏”が見えちゃうことで、嫌な思いをしてきた僕にとっては、とても貴重な出会いでした。そして先日、めでたくそのコと付き合うことになりました! 久しぶりに彼女ができて、幸せいっぱいです!

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!