【ポップな心霊論】「生き霊の数で一番モテる職業が判明した」

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【一番モテる職業が判明しました】

 

先日参加した飲み会に、めちゃくちゃキレイなモデルさんがいて。僕が霊視できるって話したら「私も見てほしい」と頼まれました。

 

絶対モテるだろうから、男性の生き霊がいっぱいついてるはずだと思うじゃないですか。でも見てみたら、生き霊なんてほとんどついてないんです。驚いたのは、隣にいた女性のほうに、すさまじい数の生き霊がついていたこと。しかも、そのほとんどが男性でした。

 

ちょっと様子を見ていると、例のキレイなモデルさんは、あんまり気遣いができる感じじゃなくて。一方、隣の女性は盛り上げ上手だし、常に周りに気を配っているし、たしかにモテそうだなって思いました。とはいえ、あの生き霊の数は異常だったので、本人と直接話をしてみたんです。

 

そうしたら彼女、エロ漫画の編集をやっているそうで、担当している漫画家さんのなかに、童貞や処女の人もいるらしいんです。だから「自分がいろんな引き出しを持ってなくちゃ」って、これまで大勢の男性と“経験”してきたんだと教えてくれました。

 

それなら、あの生き霊の数にも納得だなって。生き霊だけで見れば、エロ漫画編集者が一番モテる職業なのかもしれません(笑)。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

関連カテゴリー: