【ポップな心霊論】「僕の霊感、衰えたかもしれません……」
(イラスト:マユボンヌ)

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【僕の霊感、衰えたかもしれません……】

 

先日、親父が久しぶりに僕のライブを見に来てくれました。

 

終演後に呼び出されたので、めずらしく感想でも言ってくれるのかなって思ってたら「めちゃくちゃヤバいのが憑いてる人がいた」って言うんです。しかもそれ、僕がすごいお世話になってる先輩で。ちょうど1週間くらい前、一緒に心霊スポットに行ったんです。

 

だから、楽屋に飛んで帰って霊視してみたんですけど、僕には何も見えませんでした。そのときちょうど、僕より何倍も霊感の強い芸人仲間が、楽屋に戻ってきて。先輩を見るやいなや「ものすごいのが憑いてるから、このままだと命が危ない」と。

 

それで僕も親父から言われたことを明かしたんですけど、先輩は「やっぱりか……」って、妙に納得したような顔をするんです。なにか心霊体験でもしたのかなって思ったら「最近、何をやってもスベる……」と。それは幽霊関係ないだろって思ったんですけど、胸に秘めておきました(笑)。

 

そのあと、先輩はすぐにお祓いに行ったので無事だったんですが、そんなにヤバい霊が見えないなんて、僕の霊感、衰え始めたのかもって少し心配です……。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

関連カテゴリー: