【ポップな心霊論】「小藪千豊さんは神さまみたいな人でした」
(イラスト:マユボンヌ)

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【小籔千豊さんは神様みたいな人でした】

 

先日、嵐の二宮和也さん(36)の番組『ニノさん』に、『霊感がある人』という枠で出演させていただきました。Hey! Say! JUMPの山田涼介さん(26)をはじめ、そうそうたるゲストの方々の前でお話しさせてもらったんですが、みなさん予想以上におもしろがってくれて。すごく楽しい現場でした。

 

そこで、事務所の先輩である小籔千豊さん(46)とも初めてお会いできて。勝手に霊視させていただいたんですが、いいものばかりがついていて、さすがだなと思いました。

 

ただ、人気がある人って、好意の生き霊がたくさんついてる反面、絶対に一定数はアンチの生き霊がついちゃうものなんです。

 

小籔さんは、そういう“アンチ霊”に対する反応も素晴らしくて。たいていの人は、無視してるか反発してるかなんですけど、小籔さんの霊体は、ちゃんと向き合おうとしているのが見て取れました。

 

自分に悪意を持ってる人のこともないがしろにしないって、もはや神様じゃないですか? 僕の小籔さんへのリスペクトは、めちゃくちゃ高まりましたね。

 

ちなみに、ジャニーズのお2人には、ものすごい数のファンの生き霊がついていて。あまりの人数に面食らっちゃいました(笑)。

 

【お知らせ】

はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

関連カテゴリー: