【ポップな心霊論】「共演した芸人仲間に助けられました」
(イラスト:マユボンヌ)

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【共演した芸人仲間に助けられました】

 

先週、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の4時間スペシャルに出演させていただきました。見てくださった読者の方も多いみたいで、本当にありがとうございました。

 

ただ、放送ではうまく編集してもらってたんですが、ちょっとしくじってしまったところがあって。学者の先生たちとやり合うときに、ささいなタイミングのずれで、空気が盛り下がっちゃった瞬間があったんです。

 

そのとき、僕には共演者のみなさんのモチベーションが一気に下がったのが見えて……。人の体の真ん中あたりに、僕が「プライベートゾーン」って呼んでる魂のようなものが見えるんですけど、その部分がみんな、一瞬で小さくなっちゃったんです。

 

僕そのとき、ものすごく焦ったんですよ。なんとか取り戻さないとって思ったんですけど、なかなかうまくいかないし。そうしたら、その場にいた芸人の先輩や後輩が、とにかく一生懸命盛り上げようとしてくれたんです。

 

おかげで、その場もまた盛り上がり始めたし、みなさんの「プライベートゾーン」のまた大きくなりました。あのときは本当にありがたくて、芸人になれてよかったなって改めて思いましたね。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年4月14日号 掲載

関連カテゴリー: