蛭子能収のゆるゆる人生相談「キャバクラで働く娘…」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「東京で一人暮らしの21歳の娘は、専門学校を卒業後、キャバクラで働いているようです。キャバクラ嬢をやめさせて、実家に帰ってこさせること以外考えられません!」(トッチーサワーさん・48・パート・新潟県)

 

【A】「自分で稼いだお金を好きなことに使う。それこそが人生の醍醐味」(蛭子能収)

 

キャバクラで働いていてもなんら問題ありませんよ。お金が稼げているのならどんな仕事でもいいし、親が口出すことはありません。オレの息子がホストだったとしてもまったく気になりません。というか、オレに似ている息子がホストだったら面白いですよね、ウヒヒ!

 

ずっと前ですが、オレもテレビ局のプロデューサーに連れられてキャバクラに行ったことがあります。人と話をするのが苦手なオレはヘラヘラしていただけですが、一緒に行った川合俊一さんや林家こぶ平(現・正蔵)さんはテレビで見るよりも面白いことをして、隣に座った女の子を盛り上げていました。会社勤めよりも、そんな男たちから学ぶことが多いかもしれませんよ。

 

稼いだお金はどう使おうが本人の勝手ですが、それでも心配なら稼いだ金を使うなら自分が本当に好きなことに使いな、と伝えたらどうですか。それを探すのが人生の醍醐味だと思いますよ。オレの場合は競艇につぎ込むことです。というか競艇以外考えられません!

 

「女性自身」2020年4月21日号 掲載

関連カテゴリー: