【ポップな心霊論】「幽霊は命日なんか気にしません」
(イラスト:マユボンヌ)

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【幽霊は命日なんか気にしません】

 

今回は、読者の方が送ってくださった心霊相談にお答えしようと思います。

 

「先日、友人が自宅で自殺しているのが発見されました。死後、かなり時間がたっていたため、いつ亡くなったのか、正確な日付がわかりません。ご家族とも親交があったので、せめて命日を伝えてあげられればと思うのですが、はやともさんは、幽霊から命日を聞き出すことはできますか?」
実は僕、幽霊の声は聞こえても、会話することはできないんです。めちゃくちゃ頑張って念じてやっと、なんとなく気持ちが伝わるくらい。だから「命日はいつですか?」なんて質問はできないと思います。ご本人が命日をつぶやいてくれてたりしたらいいんですけど……。

 

でも、亡くなった人にとっては命日がいつかってそんなに重要じゃないと思います。死んでしまったら、日付なんて意識する必要ないですからね。「あれ? 今日、俺が死んだ日じゃん!」なんて思ってる幽霊もいないでしょうし。

 

だから、命日がいつかは関係なく、ふとした瞬間にそのお友達のことを思い出したり、ご家族と生前の思い出を語り合ったりすることのほうが、大切なんじゃないかなと思います。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年4月28日号 掲載

関連カテゴリー: