蛭子能収のゆるゆる人生相談「妻から『マズそうな顔で食べないで』と」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「妻から『マズそうな顔で食べないで』と叱られます。焼きなすを食べたときも『もう食べないで!』とキレられました。料理はおいしいのに。上手な食べ方を教えてください」(ロビロビンさん・26・会社員・茨城県)

 

【A】「有吉弘行さんはホントにオレのことが好きですね」(蛭子能収)

 

オレは、テレビのレポが苦手です。とくに漁師町の食堂に行くと「これどうぞ」と、オレが嫌いな魚の刺身をわざわざ出してくれる店員さんがいます。テレビカメラも回っているし「どうも」と言わないといけないし、お礼を言ったら食べるしかありません。そんなときは笑顔をつくって「おいしい!」と言ってごまかします。

 

この人の場合は、奥さんの料理がマズくないんだったら、別に心を偽る必要もありませんよね。演技でもいいからほほ笑みながら「うまい!」と言えばいいですよ。

 

そういえば、黒川(弘務・前検事長)さんの賭けマージャンが話題になったとき、有吉(弘行)さんが「蛭子さんなんて『お上の許しが出たかって』って言うと思うよ」と『マツコ&有吉 かりそめ天国』でオレのことをいじっていましたが、ホントに有吉さんはオレが好きですよね。

 

ふだんは毒舌っぽい演技をしていますが、有吉さんは、すごくオレのことを気にかけて、一生懸命、宣伝してくれる。その気持ちがありがたいですね。

 

「女性自身」2020年7月7日号 掲載

関連カテゴリー: