ダンゴムシブームが訪れたゆめこへのルール『まめ日和』第218回

私自身にはブームが訪れなかったため、いまいちその良さがわからないのですが、ついに我が家にも訪れました。
育児あるあるネタでもよく取り上げられるトピック「ダンゴムシ大好きシーズン」です。

 

あのフォルムがいいんでしょうかね、たしかに機能美を感じますし、危険を察知すると丸まる様子にはいじらしさを覚えないこともないです。
とはいえ家に持ち込まれるのは困る。
3歳にもならないゆめこにダンゴムシの世話が務まるとも思えないので当然私が世話係でしょう。しかしわたしは虫が苦手。ただでさえ体力・精神力ぎりぎりのところで生きているというのに苦手な生き物の命まではあずかれません。

 

そのため、ダンゴムシに対しても「会ったばかりのよく知らない相手をパーソナルゾーンに入れてはいけない」という我が家のルールを適用することにしました。
代わりと言ってはなんですが、立ち話くらいはOKということにしているので、ゆめこがダンゴムシとのコミュニケーションに満足するまで家には帰れません。

関連カテゴリー: