蛭子能収のゆるゆる人生相談「近所の人がずっと太鼓をたたいています」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「近所に太鼓をたたく人が引っ越してきて、朝からずっと太鼓をたたいています。頭が痛くなり110番を何回かしましたが効き目がありません。あきらめて引っ越ししようかと……」(だいふくさん・67・主婦・岡山県)

 

【A】「他人に迷惑をかける人からは殺される前にとっとと逃げるべし」(蛭子能収)

 

今は騒音を注意しにいったら、逆ギレされて殺されてしまうこともありますからね。オレがこの人と同じ立場で、仮に引っ越すことが可能なら、とっとと逃げてしまうかもしれません。とくに警察が来てもやめないのだったら危険な人だと思いますし、太鼓をたたく人とはけんかはしないほうがいいですよ。

 

オレは、太鼓をたたく人のように、他人に迷惑をかける人がすごく嫌いです。でも、じつは今、オレが認知症……になっているかどうかわかりませんが、女房がオレの病院に付き添ってくれたり、いろいろと面倒をみてくれているんです。それは健康な女房の自由な時間をしばっているから、すごく申し訳ないと思っています。

 

(マネージャー「蛭子さんは変なところで九州男児だから感謝していても口にしないのがよくないですよ」)え、そうかな。オレは佐良直美の『私の好きなもの』という曲が好きで、よく歌っているんですが、それでいちばん好きだと伝えているつもりなんですけど……だめですか、やっぱり!

 

「女性自身」2020年10月20日号 掲載

関連カテゴリー: