「事件が起きた翌週、野次を飛ばした議員の1人が名乗り出ましたが、問題は野次そのものや犯人捜しではありません。『どうして、こういう野次を飛ばしてもいいと思わせたか』。要するに、野次を容認する雰囲気のほうに根本的な問題があると感じました」   そう話すのは、経済ジャーナリストで昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員の治部れんげさん。問題が起きたのは6月18日。東京都...

関連タグ: