近年の大地震は90年前に酷似“連鎖シナリオ”専門家が指摘
画像を見る

6月18日、マグニチュード(M)6.1を観測した大阪北部地震は、死者5人、負傷者415人、建物損壊(半壊、損傷など)が約1,100棟という被害をもたらした。さらに、電気、水道、ガス、そして交通機関などの都市機能がマヒし、関西地方に大きな爪痕を残す災害となった。   大阪北部地震が起きる前日の17日、群馬県の南部でM4.6の地震が起きている。さらにそ...

関連カテゴリー:
関連タグ: