天皇陛下が訴えていた治水の重要性「地球温暖化で水災害が」
(C)JMPA

10月22日、天皇皇后両陛下は「即位礼正殿の儀」など、即位に関する儀式に臨まれる。一方、台風19号の甚大な被害を考慮してパレード「祝賀御列の儀」は11月10日に延期となった。

 

毎年のように大雨、洪水、氾濫の被害に見舞われている日本。実は、かねてから“水問題”に関心を寄せられてきた天皇陛下は、地球温暖化による水害の多発に警鐘を鳴らし続けていらっしゃったのだ。

 

12年前の「第1回アジア・太平洋水サミット」開会式記念講演のなかではこう述べられた。

 

《水問題は、気候変動との関係でも大きな問題となっています。地球温暖化の結果、海面上昇や異常気象の頻発はもとより、災害の激化や大規模な水不足など、人類の諸活動に様々な悪影響が生じる可能性が危惧されています》

 

さらに’18年にブラジルで開催された「第8回世界水フォーラム」では、「水と災害」のテーマで基調講演をされた。

 

《我々が、今何も対策を立てなければ、等比級数的に被害が激化していくことが懸念されます。水災害により、私たちの先代が重ねてきた発展のための努力の成果がわずか数日、場合によっては数時間で消し飛んでしまいます。こうした地球規模で発生する自然の脅威に対抗するため、国際社会は結束して対処していく必要があります》

 

また陛下は、早くから治水の重要性にも注目され、台風19号による周辺河川の氾濫を食い止めた巨大地下放水路「首都圏外郭放水路」(埼玉県春日部市)も’10年に視察されていた。

 

そして陛下は著書の中で、雅子さまについて《私の水に対する関心に、いつも理解と協力をしてくれている》と記されている。

 

「被災地へ足を運びお見舞いをされる“平成流”を継承されるとともに、水問題に関する知見を生かし、治水や防災を訴えるイベントに出席をされることなども、陛下と雅子さまの“令和流”になっていくことでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

パレードは延期されたものの、宮中三殿へのご参拝、そして「即位礼正殿の儀」と「餐宴の儀」は予定どおり22日に行われる。陛下と雅子さまは、職員と儀式の打ち合わせや所作の確認などを入念に進められてきたという。

 

厳かな即位の儀式に、両陛下は被災地への祈り、そして「国民に寄り添う」という思いをこめて臨まれる――。

関連カテゴリー: