安倍政権 検事長定年を異例の延長…政府と検察の距離に疑念

政府は1月31日、定年退官する予定だった東京高検・黒川弘務検事長(62)の定年を半年先にまで延長すると閣議決定した。   検事長の定年延長は前例がない。日本経済新聞によると、同日の会見で菅義偉官房長官(71)は「検察庁の業務遂行上の必要性に基づいて、法務省から閣議要請の請議があり決定した」と述べたという。   「極めて異例のケースであるにもかかわらず...

関連カテゴリー:
関連タグ: