菅首相 森会長進退に介入否定「学術会議とダブスタ」と批判の嵐
画像を見る

女性蔑視発言で問題になっている東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の進退が問われる中、菅首相(72)は自らの“独立した組織への人事介入”を否定。日本学術会議任命拒否問題との矛盾した姿勢に、ネット上では「ご都合主義」「ダブルスタンダード」と批判が噴出している。   8日の衆院予算委員会で、森会長の発言が国益にとってどう働くかを問われ...

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: