「開催に疑念あった」バッハ会長 今さらの掌返しに“卑怯”と怒り爆発
(写真:アフロ) 画像を見る

国際オリンピック委員会(以下・IOC)のトーマス・バッハ会長(67)が7月20日、IOC総会で「東京五輪の開催に疑念を持っていた」と明かした。突然の“手のひら返し”に、ネットでは非難轟々となっている。   『朝日新聞デジタル』によるとバッハ会長は東京五輪について「延期を決めてから15ヵ月間、非常に不確実な理由で日々の決定を下さなければならなかった。...

出典元:

WEB女性自身,

【関連画像】

関連カテゴリー: