(写真:時事通信) 画像を見る

4月23日に知床半島沖で発生した遊覧船「KAZU 1」の沈没事故。事故からまもなく2カ月経つなか、“当事者”から驚きの発言が飛び出した。「事故責任を事業者だけに押しつけ、国に対する世論の批判を回避するための見せしめだ」この主張の主は、遊覧船「KAZU 1」の運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長。6月16日、同社は事業許可取り消し処分を下されたが、桂田社長はそれに先んじて...

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: