最近ではソロでの活躍が目覚ましいV6も、デビュー20年目に突入!いざそろうと少年のような仲のよさがあり、成熟したグループならではのチームワークがある。そんななか、井ノ原快彦(38)がメンバーについて語った。

 

 

坂本くんとは、最近ミュージカルで共演したんです。10年前は「それ、どうやるの?」って演技について素直に聞けなかった自分がいたんですが、今は、「教えてください」ってお願いできる。俳優としてのポテンシャルを含めて尊敬しています。

 

長野(博・42)くんは、前に出るようなタイプじゃなかったのに、最近は、パーティの挨拶もしたり。しかも笑いまでとっちゃう。ここにきて、新たな発見ですね。

 

(森田)剛(35)は、存在感が圧倒的。本当に舞台での主役が似合うなって思う。義理で物を言う人じゃないから「森田が心配してた」って聞くと、剛の優しさを感じます。

 

(三宅)健(35)は、あんな感じに見えて、実は周りにすごく気を使っていて。最近では、頼りにしている部分もありますね。あとは、やっぱり“三宅健”は最高のタレント。まだまだ僕は、そこにたどり着けないな。もし、健がいい子ちゃんになったら、V6も終わりだと思っています(笑)。

 

岡田(准一・33)は、全然ブレない。ストイックだし、たくさんの作品に出演していて「これぞ役者」って感じ。人に対しても優しいし、今までずっと正しいことをやってきているっていう印象があるね。

 

僕はというと、最近バランスよく仕事ができていると思います。どんな現場にいても、「僕にはV6がいる」って思えるようになって。こんなに心強いことはないですよね。

 

振り返ってみると、やっぱりV6のメンバーは、とにかく個性が強い。そんな僕らの個性をつないでくれるのが「歌」なのかなって思いますね。V6の活動は、自分たちがやっていて楽しいことをやっていきたいんですよ。楽しいことをやり続けるために、苦労や努力をしている感覚です。デビュー20周年を目前にして、自信を持って自分たちが楽しいって思えることと、応援してくれる人たちが喜ぶような活動を今後もしていきたいです。

関連タグ: