image「自分を変えたいな、って思ったんです。髪形を変えて、体も鍛えて、見た目も変えたら気分も変わるかな、と。同じことの繰り返しをするのがあんまり好きじゃないし、刺激が欲しかった。自分のエンジンをかけ直すためのちょっとした行動ですね」

 

そう語るのは、玉森裕太(25)。久しぶりに会った彼はすっかり男らしくなっていた。舞台『DREAM BOYS』(帝国劇場にて9月3日から)も控え、体を整えているせいか、顔もシャープで、胸板も厚く、細マッチョに。体の調整には、むくみを取るため水分量をおさえることも試したそう。

 

「体調もよくなり、ふだん出ない血管や筋が浮き上がってきました」

 

10月には主演ドラマ『青春探偵ハルヤ』(日本テレビ系・木曜23時59分〜)がスタート、11月には初主演映画『レインツリーの国』が公開を控えているが、ドラマの現場では、人見知りも解消したという。

 

「共演者とすごく仲よくなれて、休憩時間はスタッフさんも含め和気あいあいとやっていました。ムードメーカーは僕ではなく、(芸人の)阿見201さんだったんですけど(笑)」

 

外見、内面ともに変化している玉森。今年はどんな夏を過ごしたのだろう?

 

「夏休みはもう13年間取ってないので、夏の遊び方も忘れてしまいそうでしたが、一日だけ(Kis-My-Ft2の)宮田とプールに行って、2人で乾杯してボーッとしてました(笑)」

関連タグ: