image

3月9日に発売された、本誌編集部編集のジャニーズ事務所公認『Hey! Say! JUMP 2016.4→2017.3 CALENDAR』(光文社刊)。その完成を記念し、メンバーの高木雄也クン(25)と有岡大貴クン(24)にオール台湾ロケの撮影裏話を聞きました!

 

有岡「(カレンダーを見ながら)台湾だからこそ撮影できた写真に仕上がってるよね。これ日本じゃ撮れないな、って思う」

 

高木「みんな大人っぽい!付録のほうはリラックス感たっぷりだし」

 

有岡「高木のオス感満載なセクシーな写真もあるしね(笑)」

 

高木「撮影の合間、買い物したよね。俺、真剣に買っちゃった」

 

有岡「俺も空港で買い物したら、いろんなものサービスしてもらったよ。あと台湾の観光スポットで、裕翔と“アナザースカイ”ごっこをやった!」

 

高木「何それ?」

 

有岡「裕翔が持ってきたカメラでお互いの買い物シーンとかの動画を撮ったの。僕らは台湾で長期舞台をやって3年ほど住んでいた青年たちで、台湾の商店街の人たちにすごくよくしてもらった、っていう設定で(笑)。現地のおばちゃんに『あのときはありがとう』みたいに勝手に声をかけたりしてね。でも、そのおばちゃんも、わけわからないはずなのに『イエー!』とかノってきてくれてさ(笑)」

 

高木「そんなことやってたんだ。そういえば俺たち2人、帰国の日の朝、寝坊しちゃったね」

 

有岡「メンバーが起こしにきてくれて。みんな怒っているかと思ったら全然怒ってなかった!」

 

高木「2人とも全裸で寝てた、っていうことで許されたんだと思うよ(笑)」

 

有岡「暑かったからね。俺は基本、家にいるときは裸族だし」

 

高木「俺らの健康法だよね(笑)。思い出が詰まってるよね、このカレンダー。買ってくれる人はこれを見て、同じ場所に遊びに行ったりしてもいいと思う。行った場所が全部楽しい場所だったから。旅の目的にしたりしてさ」

 

有岡「俺たちの自信作!月ごとにめくってもらってもいいし、好きな月があって我慢できなかったらいきなり12月から飾ってもいいしね(笑)。自由に楽しく使ってね!」