image

 

「映画の主演をやらせていただいて、いい服を着せてもらって、雑誌に載って……って、すごく幸せな環境ですよね。ふつうに水を飲めることもそうだし、この作品をやってから、感謝しないといけないことが、もっとたくさんあったんだなって感じました。大切な人が明日、急にいなくなったらイヤだな、だったらこの一瞬を大事にしたいって思ってもらえるような作品だと思います」

 

そう語るのは、近年、ドラマに映画にと出演作が続いている中島裕翔(23)。そんな彼が等身大で演じた青春ラブストーリー『僕らのごはんは明日待ってる』が来年1月7日に公開される。流行している“壁ドン”などは一切なし。日常を切り取ったようなごく自然な恋模様なのだが、高校時代のシーンでは、じんわり胸キュンするシーンが多い。どう思ったのだろう。

 

「制服で恋をしている、というだけでもいいですよね。体育祭の競技でピタッとくっつくシーンがあるんですけど、疑似体験することで『ああ、こういう気持ちになれるんだな』とか『高校生に戻りたい』とか、ノスタルジックになる瞬間はありました。僕もこういう体験をしたかったなって(笑)」

 

作中では食事のシーンも多く出てくる。箸の持ち方を含め、きれいな食べ方が印象的だ。

 

「箸の持ち方はもともとだったんですよ。間違ってなかったんだなって、親に感謝したいです」

 

そんな中島クンが彼女に作ってあげたいごはんとは?

 

「ベタにハンバーグ。僕は料理をあまりしないから作ったことはないんですけど、手作り感のわかりやすいものがいいんじゃないかと思って。作ってもらいたいのはポトフ。温まりそうだから(笑)」