image

 

タレントの中居正広(45)が3月25日放送の日本テレビ系バラエティー番組『行列のできる法律相談所』にMCとして登場。番組内で“普段使いの偽名”を告白したことについて、話題を呼んでいる。

 

この日、スぺシャルMCとして登場した中居。ゲスト出演していたブルゾンちえみ(27)がお店を予約する際、芸名を使うか本名を使うか悩んでいると告白。それに対し中居は普段偽名を使っており、名前を出さないと答えた。

 

出演者である東野幸治(50)から「よく使う名前とか決まってる?」と問われると、「決まってます。ずっと同じ名前なのよ。たぶん店の人は電話した相手が、カワサ…あっ」と途中まで偽名をばらしてしまう。

 

そして「俺ね、日ごろ『川崎ジュン』なの」と、偽名をフルネームで告白したのだ。これには共演者から昭和のアイドルのようだと爆笑されていた中居。ネットでもさまざまな反応が上がっている。

 

「川崎ジュンがジワジワくるわ(笑)」

「川崎ジュンうちわ作りたい!」

「でももう川崎ジュンは使えないからまた考えるんだろうねWW気になる〜」

「川崎ジュンがトレンドになっているのを見てもう一回笑える。中居くん何度も笑わせてくれてありがとう」

 

番組終了後には偽名である「川崎ジュン」がYahoo!トレンドランキング2位にランクインしている。これほど話題となった以上、今後は“偽名”の変更が必要かも!?