image

ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントは、中村航の大ヒットロングセラー小説を原作に、“関ジャニ∞”の大倉忠義を初単独主演、桐谷美玲をヒロインに迎え映画化した『100 回泣くこと』のBlu-ray&DVD を2014 年2 月5 日(水)に発売することを決定した。

■記憶をなくした“彼”と、余命わずかな“彼女”運命の再会を果たした男女の、最高に切なく美しいラブストーリー!

記憶をなくした“彼”と、余命わずかな“彼女”運命の再会を果たした男女の、最高に切なく美しいラブストーリー『100 回泣くこと』。原作は、累計85 万部を突破している中村航の同名小説。

映画では、『大奥』「三毛猫ホームズの推理」などの話題作に出演し、俳優として目覚しい活躍を見せる大倉忠義(関ジャニ∞)が、初単独主演となる本作で記憶の一部を失った主人公・藤井を熱演!女優・キャスター・モデルなど各界で活躍中の桐谷美玲が、藤井を一途に愛し続けるヒロイン・佳美を演じた。さらにスタッフ陣も『余命1 ヶ月の花嫁』の廣木隆一監督と、『ソラニン』の脚本家・高橋泉など、ヒットメーカーが名を連ねている。

 

■愛蔵版〈初回限定生産〉には、大倉忠義、桐谷美玲、廣木隆一監督による新たに撮り下ろしたビジュアルコメンタリーを収録!

Blu-ray&DVD 愛蔵版〈初回限定生産〉には、ブックレットやブックカバーといったここでしか手に入らないオリジナルグッズが封入されているほか、メイキングやオフィシャルイベント映像、さらに、愛蔵版のために新たに撮影された、大倉忠義、桐谷美玲、廣木隆一監督が映画本編を観ながら、スタッフや出演者しか知りえない秘密を明かすビジュアルコメンタリーなど、貴重な特典映像を収録!

 

■大倉忠義 初めてのビジュアルコメンタリー収録に緊張!

収録は、先日都内のスタジオで行われた。ビジュアルコメンタリー収録初体験という主演の大倉忠義は、「みんなで観るのって、恥ずかしいですね。」と少し緊張気味の様子。

半年ぶりの再会という大倉と桐谷、廣木監督はそれぞれ、撮影時の思い出や、役作りについて、また自身の恋愛感などを交えながら、撮影当時を振り返りました。

冒頭シーンを観ながら、初日だったこともあり、とても緊張して20 回以上リテイクがあったと桐谷が話すと、大倉は、「東京出身のマネージャーにずっとイントネーションの確認していた」と、常に標準語を意識しながら演技していたことを明かした。

大倉が演じる藤井が、桐谷が演じる佳美にプロポーズをするシーンでは、桐谷が「何気ない日常のプロポーズって本当に美しい。」「憧れます!」と強い口調で力説。

ふたりが挙式ごっこをするシーンでは、長回しの撮影の為いつまでもカットがかからず、2 人とも「恥ずかしかった」と語り、廣木監督は「2 人の自然な演技をみてみたいと思った。」と、その理由を語った。大倉は「とてもピュアなカップル。いいシーンなんですけど、切ないんですよね。」とコメント。

後半は前半と一転しシリアスなシーンが続く。桐谷は、特殊メイクで髪の毛を坊主にした自分の姿を見て「…やっぱり、ショックでした。」と話し、監督は「(2 人とも)最初の頃とは顔つきが変わってるね」とコメント。大倉は、役に集中する為に共演者の方々が気を使って距離を置いてくれたことを振り返りつつ、「普通は気を使って話しかけてこないですよね。でも、(関ジャニ∞)メンバーと一緒の現場やと(シリアスな演技のシーンが控えていても)普通に話かけてくるんですよ。」と、関ジャニ∞メンバーについてのエピソードなども披露した。

ハワイロケのシーンでは、ロケに参加していない桐谷が「帰国後のスタッフさんがすっごく楽しそうな写真を見せてくるので悔しかった」と語り、大倉や監督の撮影現場の話に興味津々。

涙の演技に苦労したという大倉は、ハワイロケでの一人泣きのシーンで見事一発OK を出せた理由について「外国人のエキストラさんって時間超えたらお金がかかるって聞いてて、‘泣かへんかったら金かかんねんで’と脅されていた(笑)。」と答え、桐谷と監督を笑わせていた。

また、大倉は撮影中に小学生数人に「(太鼓の達人)太鼓の人!」と声をかけられた話や、桐谷は役作りの為に食事制限に苦労した話など、様々な思い出を語った。

 

最後に、今回の収録を通じてあらためて本編を観た3人は、

大倉: 「劇場公開の時よりも、客観的に観ることできました。いい映画だなとあらためて思いました。」

桐谷: 「3人で話しながら観ることはあまりないので、不思議な感じでした。大変なこともあったけど、本当に出演できてよかったなと思いました。」

廣木監督: 「この作品はラストシーンがわかっていても、それを前提に、また違った視点で再度みることができる映画だなと思う。」

と、それぞれ作品に対する思いを述べ、収録を終えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014年2月5日(水)Blu-ray&DVDリリース

『100回泣くこと Blu-ray&DVD愛蔵版〈初回限定生産〉』 8,295(税込)

『100回泣くこと  通常版』Blu-ray¥4,935(税込) DVD¥3,990(税込)

※DVDレンタル同時スタート

発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント/小学館

販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(c)2013 中村航・小学館/「100 回泣くこと」製作委員会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連タグ: