女優の菅野美穂が、今年で誕生15年目を迎えるオンワード樫山「23区」の新CMに出演することになり26日、東京・青山で行われた新CM発表会に、イメージソングを担当したヒップホップグループRIP SLYMEとともに出席した。同ブランドは大人のコンテンポラリーカジュアルをコンセプトにしており、品の良さと聡明さを持ち合わせているという理由から菅野がイメージキャラクターに抜擢された。
 「20代の頃はいろいろな事に対応できなくて慌ててしまったりしましたが、30代になると肩の力が抜けてくる気がします。先輩方が30代女性のイメージを変えてくれたので、伸び伸びと充実した毎日を送れれば」と語る菅野も昨年から30代の仲間入り。同ブランドのCMは5年ぶりで、「23区は、中山美穂さんのCMがすてきでした。自分のオシャレを楽しんでいるイメージです」と笑顔でPRした。
(撮影・河崎文雄)