ビートたけしが審査委員長を務める「第17回東スポ映画大賞/第8回ビートたけしのエンターテインメント賞」で、松本が話題賞を受賞。お笑い界でも実現したことのないふたりが、3月2日(日)に都内のホテルで行われた授賞式でそろい踏みした。
 たけしは、松本の初監督作品『大日本人』を「笑いを分かったうえで、ひっくり返そうとしている。映画的じゃないかもしれないけど、それもまたいい」と高評価。昨年6月に、自身の『監督・ばんざい!』と興行で直接対決もしたが、「カンヌという権威のあるところで認められた(監督週間に出品)のだから、作り続けた方がいい。周りにはいろいろなことを言ってくる奴もいるけど、気にせずに頑張ってほしい」と映画監督の先輩としてエールを送った。
(撮影・加治屋誠)