映画『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』の初日舞台挨拶が12日、新宿バルト9で行われ、主演の佐藤健(19)、瀬戸康史(19)らが登場した。同作は、1月まで放送されていた「仮面ライダー電王」と、現在放映中の「仮面ライダーキバ」とのコラボレーションが実現し、2大ライダーが共演する。電王を演じた佐藤は、関俊彦(45)ら声優陣から「1年間お疲れ様」などと温かい言葉をかけられると、感極まり、目に涙を浮かべながら「これで最後になってしまうと思いますが、またキバの映画に便乗させてもらえれば」と話した。

(撮影・柴田悟)