映画『少林少女』の初日舞台挨拶が26日、都内で行われ、主演の柴咲コウ(26)らが登場した。同作は、柴咲が1年間本格的アクションの修行を積み、本場・香港でも絶賛された。柴咲は「私は体が硬くて、呼吸も浅いので、時間をかなり費やしましたが、カットを重ねる毎に動けている実感があって楽しかったです」と撮影を振り返った。同作は香港、タイに加え、台湾、シンガポール等8カ国で公開が決定しており、更に欧米からも配給依頼があるという。これに対し柴咲は「題材は中国武術ですが、日本の映画に関心を持ってもらえるのは嬉しい」と話した。
(撮影・加治屋誠)