北京五輪に参加した日本体育大学出身の選手の結果報告会が19日、都内ホテルで開かれ、競泳平泳ぎで2大会連続2冠の北島康介(26)や体操男子個人総合、団体総合で銀メダルの内村航平(19)ら、20人の選手が出席した。内村は日体大の先輩である北島について「2大会連続でメダルを取るのはすごい。僕も自分にプレッシャーをかけて結果を出せるようになりたい」と話していた。北島も「内村...

関連カテゴリー:
関連タグ: