昨年のスポーツ界で優れた成果を残した個人や団体を対象にした『朝日ビッグスポーツ賞』の表彰式が15日、都内のホテルで行われた。受賞した北京五輪競泳男子平泳ぎ2冠の北島康介(26)は「五輪の成績で、感動と勇気を与えられたと思う」と壇上でコメント。また、日本プロスポーツ史上最年少の17歳で1億円プレーヤーとなった男子ゴルフの石川遼(17)はスポーツ放送大賞を受賞。「みなさんの応援の大切さや重さを感じた1年だった」と喜び、「コツコツやっていくと、けがをしない選手になると思う。努力を怠らないようにしたい」とプロ2年目に向け、素ぶりや筋力トレーニングなどで体づくりをしていると明かした。

(撮影・江口明裕)