最もジーンズの似合う有名人を選ぶ『ベストジーニスト賞』の表彰式が19日、東京都内で行われ、歌手の倖田來未(26)と人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也(23)が、全国からの投票で選ばれ、一般選出部門の同賞を4回連続で受賞。“永久ベストジーニスト”として殿堂入りする受賞5回に“王手”をかけた。倖田は「女性で殿堂入りしたのはあゆさん(浜崎あゆみ)だけですもんね。殿堂入りは夢です」と期待を寄せた。亀梨は大阪・梅田芸術劇場で、主演舞台『DREAM BOYS』に出演中のため、この日は早朝の新幹線で上京。授賞式後は大阪にとんぼ返りし、午後6時からの公演に出演するハードスケジュールでの出席となった。亀梨は「大阪にはきれいめのジーンズを1本、ダメージ加工のものを2本持って行っています。毎回この場に呼んでもらえるのは光栄。また1年胸を張ってジーンズを履いていきたい」と語った。協議会選出部門では鳩山幸(66)、ダンスボーカルグループ・SPEED、タレントのDAIGO(31)が受賞。協議会選出 国際部門では台湾のF4のメンバーで俳優のジェリー・イェン(32)が受賞した。

関連タグ: