女優の大地真央が21日、都内で行われた映画『シャネル&ストラヴィンスキー』の主演仏女優アナ・ムグラリス(31)の来日レセプションパーティーに出席した。『シャネル&ストラヴァンスキー』は、世界的デザイナー、ココ・シャネルの秘められた愛の物語と、ストラビンスキーの『春の祭典』再演秘話を描いた、第62回カンヌ国際映画祭クロージング作品。アナは2度目の来日。シャネルのファッションショーのモデルとして初来日を果たしており、シャネルとの縁は深い。アナは、「フランスを代表する女性を演じることができるなんて光栄です」と感慨深げだった。大地自身もシャネルの生涯を描いた舞台『ガブリエル・シャネル』に主演。好評を博し、2010年3月に再演することも決定している。大地は、ココ・シャネルについて「流行じゃないスタイルを完成させた20世紀を代表する女性」と深い思い入れを語り、映画で同じくシャネルを演じたムグラリスに「本当にお会いできてうれしい。アナさんの演技はもちろん、美術、衣装、音楽すべてが美しくて感動的。刺激を受けました」と共感を寄せた。ムグラリスも「お目にかかることができて光栄です」とほほ笑んでいた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: