KAT-TUNのメンバー、赤西仁(25)が25日、主演映画『BANDAGE』(小林武史監督)のヒットを記念し、共演の北乃きい(18)、小林監督と共に全国39劇場での“同時舞台あいさつ”に挑戦した。劇中のバンドでCDデビューも果たした「LANDS」のアルバム曲『39<サンキュー>』にちなみ、赤西が登壇した東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズの模様を全国の劇場に衛星生中継。大規放送に赤西は「へえ~」と感嘆。公式サイトに寄せられたファンからの質問に答えていくという形式で行われたこの舞台挨拶、「それぞれの第一印象は?」という問いに赤西は、「きいちゃんは本当にこのまま。『桜咲く~♪』って感じ(笑)」と北乃が出演するコマーシャルソングを歌って茶化したのち、北乃は「(赤西は)怖かったです!笑わなくって」と言い切り、会場の爆笑を誘った。最後に作品の続編の可能性についての話題になると、赤西は「この作品が映画の楽しさを気付かせてくれた。もう1回やってみたいです!」とやる気満々のコメント。小林監督は「ありえない話じゃない。みなさんよろしくお願いします!」と次へつながるようなヒット作になるよう、観客に応援を求めていた。

関連タグ: