女優の森光子(89)が滝沢秀明(27)と共演した舞台『新春 人生革命』が6日、東京・丸の内の帝劇で千秋楽を迎えた。自作詞の『人生革命』など7曲の歌唱に衣装10変化、ゴンドラ・フライングシーンと全19回公演を完走した森は、観客のスタンディングオべーションに万感の表情。「昨日(5日)は、千秋楽が嫌で泣いたくらい。(稽古を含め)幸せな2カ月でした」と振り返った。再演については、滝沢が「森さんがやると言って下されば、全力でついて行きます!」とラブコール。森は[ありがたいですし、それを願っているんです!!」と元気に応じた。また、森が劇中に歌う『人生革命』は有線演歌チャートで1位を獲得。「紅白歌合戦は狙う?」と質問が飛ぶと、森は「プレッシャーをかけないで~!」と照れ笑いしていた。後はライフワークとする舞台『放浪記』(5月5日初日、東京・シアタークリエ)が控え、公演中の5月9日に90歳を迎える。「今回“人生革命”を起こしましたから、これまでとは違う舞台になるはず」と、早くも演技プランを練っていたが、「ただ、でんぐり返しはねえ…。やったら怒られちゃうかしら」とおちゃめに笑っていた。

関連タグ: