15日、東京・新宿バルト9で、映画『書道ガールズ!!―わたしたちの甲子園―』の初日舞台挨拶が行われ、女優の成海璃子(17)、桜庭ななみ(17)、山下リオ(17)、小島藤子(16)、高畑充希(18)、市川知宏(18)、森岡龍(21)、坂口涼太郎(19)猪股隆一監督が登壇した。同作は、実話を基に、街の不況を打破するために『書道パフォーマンス甲子園』を開催した女子高生たちの奮闘を描いた物語。映画の撮影は、約5ヵ月間、舞台となった三島高校がある愛媛県四国中央市で行われた。町をあげての歓迎ぶりだったようで、成海は、「市長さんが優しくて、私が『卓球が好き』と言ったらホテルに卓球台を入れてくれました」と撮影の思い出を話した。撮影を通じて友情も芽生えたようで、桜庭は「みんなでずっと(撮影やプロモーションキャンペーンを)やってきたので、みなさんに見ていただける日が来てすごく嬉しいのですが、反面、今日が最後だと思うと本当に寂しい」と本音を打ち明けた。成海は16日にカンヌへと出発し、現在開催中のカンヌ国際映画祭に参加。三島高校書道部の生徒たちと共に、砂浜で書道パフォーマンスを披露するそうで、「頑張ってきます」と意気込んだ。(撮影:小山伸正)

関連タグ: