7月20日、KAT-TUNからの脱退報告をした赤西仁。一度目の渡米から4年、彼は『アイドルよりも、聞いた人の心を震わせるロックなアーティストになりたい』と漏らしていたという。そんな赤西の背中を押したのは、映画『BANDAGE バンデイジ』での小林武史(51)との出会いだった。そして、メンバーが送り出した熱い言葉とは……。KAT-TUNか、自分のやりたい道か、悩み続けた赤西の4年間の葛藤を総力取材!

関連タグ: