4日、東京・丸の内ピカデリーで映画『BECK』の初日舞台挨拶が行われ、出演の水嶋ヒロ(26)、佐藤健(21)、桐谷健太(30)、中村蒼(19)、向井理(28)、忽那汐里(17)、カンニング竹山(39)、倉内沙莉(18)、松下由樹(42)と堤幸彦監督(55)が登壇した。同作は、漫画家・ハロルド作石(41)による累計発行部数1500万部の人気青春音楽漫画の実写版で、ロックバンド“BECK”として活動する少年たちの成長を鮮やかに描いた物語。水嶋は「ずっと待ち焦がれていました。実現に費やした期間は4年。自分の芸能歴が5年なので、頭が上がらない。感慨深い気持ちです」と初日に込めた思いを話した。佐藤は「僕たちの青春が詰まった『BECK』が、みなさんの中に輝き続けてくれたら」と期待を込めた。また、キャストのおススメシーンの紹介で、水嶋は「(お笑い芸人の)有吉さんなど、たくさんのスペシャルゲストの方々が出演しているので、注目して見てください」と見どころをアピールした。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: