AKB48は7日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで、新曲『Beginner』の発売を記念して握手会を行った。握手会には、約1万3000人のファンが会場に駆けつけた。高橋みなみ(19)は、「皆さんに会いにきましたー!こんなにたくさんの人が集まってくれてすごいです!ビックリしました」と挨拶した。この日は、16人のメンバーが出演し、シングル『会いたかった』をはじめ『ポニーテールとシュシュ』、新曲『Beginner』の全3曲を熱唱した。そして、握手会では、メンバーたちがそれぞれに分かれて会場中のファン一人ひとりと握手を交わした。新曲について、板野友美(19)が「(新曲の)振りつけに苦戦しました」と明かすと、小嶋陽菜(22)は「いつもは1パターンを覚えるのも大変なのに、今回は6パターンもあって…」と振り付けを覚えるのに苦労したようだ。最後に高橋は、「Beginnerは初心者。私たちも初心を忘れず、これからも前へ前へ向かって行きたいと思います。皆さん、これからも応援よろしくお願いします!」と笑顔を見せた。(撮影:高田太郎)

関連タグ: