女優の上戸彩(25)が19日、都内で行われた『きものクイーンコンテスト2011』にスペシャルゲストとして登場しトークショーを行った。同大会は19日、浅草公会堂(東京都台東区)であり、上戸は「成人式には、藤子というおばあちゃんの名前の藤色の着物に、月下美人の柄を入れてもらって、母が成人した時のブローチを付けました。宝物です」と思い出を語った。黒地に白い扇をあしらった振袖を披露した。締まった色使いの着物なだけに「なんちゃって大人?」と照れながら着物の紹介をした。着物姿でしたいことは「普通にお食事とかお芝居を見に行ってみるとか。普段使いするのが夢です。着物を着られるのは女の特権だと思います」と堂々と語った。コンテストということもあり、97年の全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞した当時を振り返り、「小学6年生で、身長が140センチしかなかった。周りがみんな大きくて、場違いだと思った。賞金200万円のために頑張りました」と懐かしみながら思い出を語った。(撮影:柴田悟)

関連タグ: