毎年恒例『よしもと男前ブサイクランキング2011』の発表会が24日、都内で行われた。発表会には『男前1位』に輝いたライセンス・藤原一裕(33)、『ブサイク1位』に輝いたカリカ・家城啓之(34)昨年から加わった女性芸人部門で、『べっぴん1位』となったアジアン・馬場園梓(30)、一方、2年連続で『ぶちゃいく1位』となった馬場園の相方の隅田美保(36)らをはじめとするランクインしたよしもと芸人たちが登場した。今回で藤原と家城の2人は3年連続で1位を獲得したので、見事殿堂入りとなる。藤原は2位のピース・綾部祐二(33)に得票数で前年以上となる2・5倍の大差をつけてぶっちぎりの受賞となった。それでも、笑いを飯のタネとする芸人にとってはあまりうれしくないようで、のようで「3年間、きつかった…」と苦笑いだった。一方の家城は「1年目はブサイクの罪で逮捕され、3年目でブサイクの刑期を終え、ようやく釈放されたようです」となぜか爽やかに答えてくれた。コンビで明暗を分ける形となった隅田は「芸人としてはいいじゃないかと言われるけど、女性としては最低ですよ」とやはり嬉しくないようであった。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: