19日、東京・六本木のテレビ朝日で、新ドラマ『アスコーマーチ~明日香工業高校物語~』の制作発表がで行われた。発表会には、連続ドラマ初主演である女優の武井咲(17)、共演者の松坂桃李(22)、賀来賢人(21)らが出席した。同ドラマは、第一志望の女子高に落ちてしまった女子高生が、仕方なく入った男ばかりの工業高校で理想とは違いすぎる高校生活に戸惑い、反発しながらも徐々に大切な仲間と共に成長していく学園ドラマとなっている。武井は工業高校が舞台の学園ドラマとあって自らデザインしたという、作業着のツナギで登場し、「男だらけの中に、女3人しかいない設定は、学園ドラマでも新しいのかなと思います」と作品のPRをしていた。「撮影でも女ひとりの場所が多くて。徐々にそれがドラマでもリアルに描かれればいいかなと思っています」と抱負を語った。また、女子生徒が少ない環境からトイレを探すのに苦労しているそうで、「遠くて大変。廊下をずーっと歩き、その突き当たりにある感じ」と話した。松坂は武井について聞かれると、「差し入れのお団子の食いっぷりが豪快でした」と男らしい一面があることを明かし笑いを誘った。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: