テレビ朝日の新マスコットキャラクターのお披露目セレモニーが10日、東京・六本木の同局で行われ、『ゴーちゃん。(正式名・ゴーエクスパンダ)』が発表された。テレ朝のキャラクターは1959年2月の開局以来初めてで、サンリオとの共同開発でハローキティのデザイナー、山口裕子が手掛けた。『ゴーちゃん。』は、『エクスパンダ星の王子』という設定で、地球にやってきたばかりのパンダ型ロボットで、誕生日は5月5日。ハート形の鼻に大きな目、大きな耳を持ち、胸には『V』の文字も。空手ニ段で運動神経抜群で、発表会では正拳突きも披露した。サンリオと同局がそれぞれの分野で培ったノウハウを生かし、国内外におけるキャラクタービジネスを展開、テレアサショップでのグッズ販売も予定している。生みの親である山口は「老若男女問わず愛されるキャラクターになって、みなさんで、ビッグなスターにしてほしい」と笑顔で語った。早河洋社長(67)は「デジタル化時代の中でアナログなキャラクターも必要。ゼロから育てていきたい。(ゴーちゃん。が描かれた)テレビ朝日の紙袋を持って上野公園に行きたい」と語った。(撮影:小山伸正)

関連タグ: