タレントの大沢あかね(25)が1日、都内で、映画『うたって てあそび アンパンマンともりのたから』のアフレコ収録を行った。大沢が演じるのは、キンタンというキャラクターで、明るく元気な力持ち、森の仲間の人気者でターザンのような女の子という役どころだ。今回が声優初挑戦となる大沢は「キンタンという役が元気で自分に近い役だったので、すんなりと役に入り込めました」と満足していた。自分でも「満点でしょう」と語り、「ぜひ劇場で確かめていただきたいと思います」作品のをPRした。また、周囲らの反応に関してはママ友も夫である劇団ひとり(34)も喜んでくれたそうだ。昨年9月に出産した長女については「もうすぐ9カ月」と語り、「アンパンマンで映画デビューさせようかな」と劇場同伴を考えていた。家庭での劇団ひとりに関しては「すごい頑張ってくれていますね。彼もとても忙しいんですけど、暇があるときは。優先順位が私より娘になっちゃって、私はちょっと寂しいんですけど」心境を告白したが、父親として「100点ですね。本当に感謝しています」とイクメンぶりを笑顔を評価していた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: