女優の北乃きい(20)が1日、都内で行われた『全国プロポーズの言葉コンテスト2011~絆」の表彰式に桂由美、暇屋崎省吾(53)らと登場した。同コンテストは、6月の第1日曜日が『プロポーズの日』であることにちなみ、心温まる『プロポーズの言葉』を募ったものであった。桂監修のウェディングドレス姿を初めて披露した北乃は「緊張するけど、本当に今日はハッピー」と笑顔を見せ、嬉しそうであった。授賞式でプレゼンターを務め、「改めてプロポーズの言葉って大切だなって思いました」と語った北乃は、「かわいらしいドレスを20代のうちに着られたら幸せだと思いますし、シルクのような大人っぽいドレスも着てみたいって思ったりします」とウエディングへの憧れを告白した。理想のプロポーズの言葉については「私は引っ張っていくタイプなので、自分がプロポーズしてもいい」と積極的な面を見せたが、進行形の恋愛については「相手がいない」と否定したが、プロポーズされた事があるかという記者からの質問に関しては、「言われたことは…ありますけど…ストレートに『好き』とかそういうのが一番心にきますよね」思い出しながら大胆発言をした。(撮影:柴田悟)

関連タグ: