13日、都内で、タレントの優木まおみ(31)が『キス向上委員会』が選ぶ『Best Kisser 2011』選ばれ、発表会に出席した。キス向上委員会は、『0an・an』編集部と『ZIMA』が、キスを重要なコミュニケーションの手段の一つととらえ、「キス不足の起きているマンネリ化した日常に、キスで刺激を与えること」を目的として設立。『Best Kisser 2011』は、優木はいいキスで生活を刺激的にしてくれそうな人とし選ばれた。優木は「選ばれて光栄です。ぽってりが魅力的と言われてうれしい。セールスポイントになりますね。」と受賞を喜び「キスはコミュニケーションの一つだと思う。男女共に、気持ちが盛り上がるし、元気になる!でも、最近、草食系男子が多いと聞いてちょっと心配。女の子は、もっとキスして欲しいって思ってる。男の子から、来て欲しい!」とキスに関する持論も展開した。ファーストキスは高校3年生のとき、2歳年下の当時のカレとだったそうで、「ドーンとぶつかるような、あっ、キスしちゃったみたいな感じだった」と照れながら振り返っていた。また、理想的なキスは「50、60、70代と長く暮らした旦那さまと『行ってらっしゃい』と言ってキスができる関係です」と答えた。(撮影):高田太郎)

関連タグ: