松嶋菜々子主演の『家政婦のミタ』第8話の瞬間最高視聴率は31.5%と、今年放映のドラマで最大のヒットとなっている。その影響で、いま家政婦たちが注目を浴びている。そこで現役の家政婦に、ドラマもかすむ超リアルな現場で「何を見た」のかを語ってもらった。

ヘルパー有資格者の園田聡子さん(仮名・30代)は、70代の要介護者男性と、40代息子(独身)の2人暮らし宅に、介護と食事の世話をするために通っていた。

「ある日、寝たきりのご主人の体を拭いてあげてたら、お尻を触ってきてビックリしました。『困ります』と言ったものの、70代のわりに逞しい体に、うっかり関係を結んでしまいました。夫と長らくセックスレスだったもので……」

それから彼女は、その旦那様と、週1で関係を続けることに。しかしそのことが息子にバレてしまった。家政婦協会に話されたらマズいと思った彼女は、家の外で息子と話し合いを持つことにしたのだが……。

「今度は息子のほうと関係を持ってしまいました。その後、結局、家政婦協会にもバレてしまい、当然のごとく解雇されました(泣)」

【関連記事】
リアル家政婦はミタ(1)「70代の旦那様とイケナイ関係に」
リアル家政婦はミタ(2)「“お犬様”の世話を録音されて」
リアル家政婦はミタ(3)「70代の奥様が生理用品を頼み……」
リアル家政婦はミタ(4)「1千万円の家の権利書を奪い合い」
リアル家政婦はミタ(5)「夫婦の“開かずの間”に入ってみた」
松嶋菜々子 『家政婦のミタ』ギャラは3割減の250万円